エステや医療機関で行っている脱毛について

エステやサロンの光脱毛

光脱毛の中でもスムーススキンコントロールと呼ばれる方式は、施術を行う前に身体に塗るジェルが光に反応して、ジェルに含まれる抑毛の成分が浸透することで毛の成長が抑えられる方法です。光はジェルに反応するため、肌にかかる負担が少ないんですよ。この他、インテンスパルスライトといわれる皮膚のメラニンに光を反応させて毛根にダメージを与える方法もあります。どちらも日焼けをしていると、施術を受けられないことがあるので注意が必要ですよ。

医療機関でできるレーザー脱毛

レーザー脱毛は照射できる範囲が非織りので、短い時間で施術を終わらせることができますよ。茶色や黒に対して反応するレーザーによって毛根へダメージを与えられます。施術中に痛みを感じることがあるため、麻酔をするクリニックもありますよ。レーザー脱毛をした後は肌が赤くなって日焼けしやすくなるので、術後のケアが大切なんです。自分の毛が太く黒いと感じている方や、永久脱毛がしたいと考えている方におすすめの脱毛ですよ。

専用の針を使う医療機関のニードル脱毛

専用のニードルを指して、毛根に電気を流す脱毛をニードル脱毛といいます。色素沈着しやすい場所や日焼けをしている場合、眉毛などの細かい所にも施術ができるんですよ。また、施術をする前に自分で剃っておく必要もないので、伸びたままの毛でも大丈夫なんです。痛みに強く、自己処理をする時間がない方などにおすすめです。レーザーや光脱毛後に生える、細めの毛にも有効なんです。脱毛をしたい場所や永久脱毛など目的に合わせると、自分にあった脱毛が分かりますよ。

全身脱毛とは全身の毛を脱毛によりなくすことができます。その後の毛の処理が必要なくなるので人気があります。